綺麗になりたいという気持ち

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 今日は自分が今まで十何年、美容の仕事をさせて頂いている中で忘れられない事が、たくさんあるのですが、その中のひとつを書きたいと思います。
 だいぶ前の事ですが、自分が毎回担当していたお客様がいました、年齢は60歳前後で二ヶ月に一回必ずパーマをかけ、カットも月一回する、いつも綺麗にしているかたでした。
そのお客様が、突然半年も美容院に来店されなくなり、他の美容室に行っているのだと自分はおもっていました。そんな時に、そのお客様の家族の方から自分に電話が入り、その方はガンで入院しているとの事でした。 そして、その方がどうしても美容院に行きたい、と聞かないのでやってもらえますか?という電話だったのです。自分はもちろん大丈夫ですとお伝えして、数日後にその方が来店されました。
見る影もなく痩せてしまい、髪も抗がん剤の副作用で半分ほどなくなっていました。歩くこともできず、車椅子に乗っていました、そしてパーマをかけるときに、ロットを巻くのですが、少しでも髪を引っ張るとすぐに抜けてしまい、自分は涙が止まらなくなってしまったことがありました。どうにかパーマはかかり、喜んで帰られました。その後一ヶ月ほどでそのお客様はお亡くなりになりました。     
 女性の綺麗になりたいという気持ちの強さを、本当に感じることのできた体験でした、いくつになっても綺麗になりたいという気持ちを大切にしたいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です